AYA JOURNAL

2018年5月時点でTOEFL31点からフィリピン留学6ヶ月し、2019年秋からのアメリカMBA留学について記録したブログです。

【アメリカ就活】zoomミーティング設定までの道のりが長い・・・。

自分で見つけた就職希望先(契約希望先)の社長との面接がなかなかセッティングできずに四苦八苦しています。
今日送ったメールでダメなら諦めるしかないなと思っているのでそこに至る経緯を書いていきたいと思います。

 これまでの経緯については、こちらのブログをご覧ください。

簡単に経緯をまとめると以下の流れになります。
1.ある不動産会社から契約社員(基本給与なし、フルコミッション)の案内届く
2.そこに連絡してみる。
3.そこではなくて別の会社が良さそうだと見つける。
4.連絡してみる
5.社長と電話面接

今日は「5. 社長と電話面接」の部分から振り返って書いていきます。
====前回のブログコピペ====
電話面接がありました。
かなり準備して臨んだのですが、結果は1分しか話さずに終了。

「フルコミッション(基本給なし。成果報酬。)の契約社員だけどいい?」
「社員のポジションはないの?」
「うちは社員だとマネージャーポジションしかないよ」
「う〜ん。」
「それでも興味ある?」

「YES!」

「じゃあ明日zoomミーティングしよ」
という会話で終了しました。

====前回のブログコピペ====

その後、翌日は夕方まで電話を待っていましたが、7時過ぎまで待っても電話がかかってきませんでした。仕事着で待機していたので夜はリラックスしようとシャワー浴びていたらその間に電話が・・・・😭

その後、社長から以下のようなメール(木曜日)がきました。

=================

こんにちは、今電話してみましたが、留守電が設定されていないようです。

来週以降、ズームインタビューを設定する予定です。

その間に何か質問があれば教えてください。
=================

それに対し、私は同じ木曜日に以下の通り返信しました。

=================
お電話とメッセージありがとうございます。
恐れ入りますが、ごめんなさい。今日はご連絡を待っていたのですが、お電話をいただいた時はシャワーを浴びていました。

面接の流れを教えていただきありがとうございます。
早くお仕事を始められたら嬉しいです。
事前にわかっていれば、遅い時間の打ち合わせも大丈夫です。
=================

その後、金曜日・土曜日・日曜日・月曜日と連絡がありませんでした。
なので月曜日の夕方5時に2回電話をしましたが取ってもらえず、「zoomミーティングを設定してくれると嬉しいです」と留守番電話にふきこみました。

その後、メールをしました。

=================
今日電話しボイスメッセージを残した通り、ズームミーティングを設定して頂けますか。

すぐに仕事を始められたら嬉しいです。
ご都合の良いお時間とお会いする形式を教えてください。
=================

その後、翌日の火曜日(今日)の朝、以下のような返信がありました。

=================

こんにちは、私たちが電話で話した時に、あなたはフルコミッションのポジションに躊躇されていて、この業界の経験も無いのですね。

フルコミッションのポジションは最初は週80時間程度の勤務で、最初の半年は全く稼げないのが一般的です。

他の不動産会社との面接はした事がありますか?

できるだけ多くの会社と面接をして、フルコミッションのポジションが自分の働きたい仕事であるかどうかを確認することをお勧めします。

私は本当に高い離職率のために雇用する事をやめました。
最初の5-6ヶ月、収入無しで働けるかどうかを確認したいと考えています。
=================

・・・・・ん?
・・・・・んんん??

なんだか最初に電話した時からだいぶ相手(社長)の中で事実が違って認識されているぞ?

誤解1: この業界の経験も無いのですね
私は不動産業界の経験が10年以上ある。
アメリカにおける経験が無いので、いきなり商業施設の代理や住宅売買ではなく、賃貸からスタートすることは問題無い」と説明した事があるのですが、その記憶が突然蘇ってきたのでしょうか?うむむ。

誤解2:できるだけ多くの会社と面接をして、フルコミッションのポジションが自分の働きたい仕事であるかどうかを確認することをお勧めします。
確かに、確かに電話した時は「ビザ頂戴!ビザ頂戴!社員採用だよね!」というノリで話してしまったのですが、最後のやりとりでは「フルコミッションで働きたい?」と聞かれて「YES!」と力強く答えたやん(ぴえん)。ここはしっかり否定しておかねば!みんなが簡単にやめるからって私まで同じと思われたら困る!
このブログ書くまでは、「あれ?なんかフルコミッションに対してネガティブだと誤解されている〜」と思って、それを否定しなくてはと思っていました。でも、このブログ書きながら社長の不安がどんどん浮き彫りになってきた気がします。新しく採用しても続かないから不安なのかな。私は大丈夫だよ、やめた事ないよ。(多分)しっかり結果もだすよ!次に社長と話すときはちゃんと半年頑張るよと言う事を伝えよう。まぁ、本来は5月まで学生さんの予定だったので多少無給期間が延びてもなんとかなる(はず)。頑張る。

驚き1: 週80時間程度の勤務で、最初の半年は全く稼げないのが一般的です
ワオ、最初の半年は無収入なんだ〜。初耳やけど???そっか、そうなんだ・・・そりゃ離職率高いわなぁ、と納得。しかも80時間でしょ?私のMBA経験によるとそこまで辛抱強い人は少ないよ〜。ガリ勉してきた韓国・元々勤勉な日本人は割とサボらずに頑張るけどね。

ここで一瞬半年間の無収入について考えました。そりゃあ収入は無いよりあったほうがいいけど、半年間厳しく(しかも無収入なら失敗もそこまで気にせず)トレーニングして貰えるならいいなって思いました。アメリカでは日本みたいなトレーニング期間無く働くのが一般的だけど、まだまだ語学力に不安があるのでトレーニングして貰えるのはありがたいです。しかもこの書かれ方で言うと4~5ヶ月目くらいで最初の取引がまとまって、その1ヶ月後くらいに最初の入金があるという事だと思います。

Glassdoorというクチコミサイトではこの会社で働いた経験のある人が以下のように書いていました。
=================
1日目からの集中的なトレーニングが提供されます。 上級エージェントとの1対1の必須のトレーニング/コーチングです。 最初の1ヶ月にお金を稼ぐ能力を身につけます。そして毎週リード(見込み顧客)があなたに提供されます。 同社は、地域で最大のリード(見込み顧客)を生み出すシステムを持っています。会社はあなたが成功し、お金をたくさん稼ぐために協力します。彼らは昼夜問わず貴方をサポートします。 会社は全ての国籍のネットワーキングを持っています。
=================
これ以外のクチコミも読んだのですが、とにかく私が見つけた会社は「厳しいけど、仕事ができるように全力でサポートしてくれる会社」という評判でした。

短期間で結果を出してビザサポートをもらおうとしている私に取って理想的・・・かなって思いました。今まで3年間朝から晩まで勉強してきたんだから・・・半年延びたくらい、半年延びたくらい・・・なんでもない・・・もんっ!!!!(泣)

と言うわけで、社長からの返信を経て以下のように返信しました。
=================

お忙しい中、お返事ありがとうございます。
フルコミッションのポジションについて理解しました、そして応募したいと思います。
ズームミーティングを設定していただけると嬉しいです。

アメリカでの経験がなくても。
-不動産・金融業界で11年以上の実務経験があります。
-販売実績はかなり良かったです。(9年連続で常に営業目標を達成していました)。
*某有名アメリカ企業に勤務していた時は、150名の営業担当者の中で一番受注件数が多かったです。 
-最終学歴として◯◯大学のMBAを取得しています。

電話では私はフルコミッションについては気にしないとお伝えしました。
Glassdoor(サイト)でいくつかの求人を見つけた時、フルコミッションの求人は正社員(契約社員ではない)だと勘違いして理解していました。
私の勘違いでした。
電話でお話した時にもっと明確に説明すべきだったと反省しています。
私は貴社で働くことに興味があることを知っていただきたいのです。

私はすでに某有名投資会社系列の不動産会社の面接を受け、契約書類を受け取っています。しかし、お話ししたように、私は貴社で働きたいと思っています。無収入で80時間働くことは、私にとって問題ではありません。

私の強みは、誠実さと信頼性です。
それらは大きな取引をする上で最も重要な資質だと思っています。
私の国では(正社員ではなく)契約社員として働くことは一般的ではありませんが、私はキャリアを通して常にプロジェクトをリードしてきました。

もし、私と一緒に仕事をすることに興味がなく、私とズームミーティングをする時間がないのであれば、正直に伝えていただけると嬉しいです。

ありがとうございました。

*申し訳ありませんが、私の携帯電話にはボイスメールがありません。設定しようとしたのですが、エラーになってしまいました。
おそらく、iPhoneの国設定から発生しているのだと思います。
早速電話会社に聞いて設定してみます。
=================

このように返信しました。
どのような返信が返ってくるかわかりませんが、せっかく自力で見つけた会社なのでどんな返信が来ようと畳み掛けて相手の意向をひっくり返して面接までこぎつけたいと思います。


では、また書きます。